テニス錦織圭選手の動体視力

テニスに必要な動体視力の伸ばし方

国内歴代最高の錦織圭選手

 

画像出典:Wikipedia

 

テニスの錦織圭選手動体視力反射神経について取り上げてみます。

 

国内テニス選手としては歴代最高の選手で、彼も子供の頃から
全てにおいて才能を持った、超一流だと思いますよね?

 

彼をアメリカ留学時代に指導した、米沢徹さんという方が、
錦織圭選手の動体視力については、こう言われたそうです。

 

反射神経も動体視力も、いい選手ではなかった

 

これだけ世界の強豪と戦っている彼でさえ、アメリカ留学時代の
12歳から14歳頃は、他人より秀でていた訳では無いようです。

 

こういうのは、元々備わったものが有るのかとも思いましたが、
イチロー選手の様に動体視力と瞬発力も、やはり日々の練習の
成果だという、良い手本だと思います。

 

どうやって能力を伸ばした?

 

普段の練習だけでなく動体視力のテレーニング機器を利用

 

テニスは200キロ前後出るスピードの、ボールを打ち返しますよね。
その為には動体視力や反射神経は勿論、体幹をはじめ数多くの能力が
あってこそです。

 

またそれを可能にするのは、大変なトレーニングがあってこそ、だそうです。

 

他の記事でも書きましたがこういった球技は、飛んだきたボールに
いち早く反応するという能力が必要です。

 

これは瞬発力と動体視力が必要ですが、脳が的確にそして迅速に
処理する能力が有るわけです。

 

でも、今現在これだけ凄い選手が、動体視力も反射神経も
当時はいい選手ではなかった、なんて言われているのは、
なかなか興味深いとも思えます。

 

また、才能だけではないということが分かって、個人的にはなんだか、
嬉しくなるエピソードです。努力次第では自分たちも能力を伸ばせる、
ということですしね。

 

また、それほど優れていなかったと言われた彼が、ここまで上達したのは、
やはり練習のの積み重ねにほかならない筈です。

 

彼の通っていたスクールでは、間違いなく動体視力のトレーニング
あったはずです。ジムにあるような機器でのトレーニングもかなりやったのでしょう。

 

ビジョナップで動体視力のトレーニングをやってみた感想や効果

 

今現在の彼は凄まじいほどのトレーニングをしているそうですが、
当時のコーチの米沢徹さんに、「学習能力とメンタルは強かった」と
言わしめました。

 

とにかく負けず嫌いで松岡修造さんに負けた時は、悔しくて泣きながら
もう一度」とお願いに来たそうです。こういうエピソードは、
流石!と言えますね。

 

また松岡修造選手には、「自分とはレベルが違い、天才」なんて
言わせていますからね。

 

あの松岡さんにここまで言わせるって、やはり錦織選手は只者ではないです。

 

因みに、あの人気漫画・ベイビーステップ(Babysteps)の
キャラクターの1人、池爽児(いけ そうじ)のモデルは、
我らが錦織圭選手なんですよね。

 

漫画でも圧倒的な強さで、他のテニス選手にも多大な影響を与えつつ
エアKでばんばん相手のコートに叩きつけています。また、おちゃめで、
僕が好きなキャラの1人です。

 

ところで、松岡修造さんの業績は下記。
今ではただの暑苦しい、テニスに詳しい人なんですが、彼も現役時代は
数々の業績を残しているわけです。

 

松岡修造の業績


ATP自己最高ランキングはシングルス46位、ダブルス95位。
ATPツアーでシングルス1勝(日本人男子初のATPツアーシングルス優勝)、
ダブルス1勝。>日本人男子として62年振りに、グランドスラムベスト8に進出
ウィンブルドン選手権での通算7勝は、2015年に錦織圭に抜かれるまで
日本人最多の記録

 

錦織圭選手の業績


男女通じて日本人初、アジア人男子選手初のグランドスラム4大大会
シングルスファイナリスト。>また、アジア人男子選手初のATPワールドツアー・
ファイナル出場者。2014年マドリード・マスターズ準優勝。
日本人男子史上2人目のATPツアー優勝者。
日本人男子史上唯一のATPツアーシングルス複数優勝者。

 

結論ですが、動体視力・瞬発力は、努力で能力を伸ばすことが
可能だということですよね。

 

ただ、イチロー選手をはじめ、一流選手は練習量が半端無いんですよね。

 

中日ドラゴンズ、読売巨人軍に在籍した落合博満さんや、
同じく巨人の松井秀喜さんも、隠れて練習していたって聞きますしね。

 

ということで、日々精進です!